お問合せ

SDGsへの取り組み

SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択された、
よりよい社会を目指すためにつくられた国際目標です。
弊社もSDGs達成に向けての意識を高く持ち、
さまざまな取り組みを行っております。
TOPSDGsへの取り組み

【ちばSDGsパートナー企業】
として登録されました。

千葉県によるSDGs推進事業
【ちばSDGsパートナー登録制度】において、
2022年11月15日付で【ちばSDGsパートナー企業】
として登録されました(登録番号:1453)

SDGs
ACTIVITY WORKS—— SDGsへの取り組み事例

—— SDGsへの取り組み事例
2023.04.05

【SDGS支援】松戸クリエイティブ リユースプロジェクト
「SDGS未来都市・自治体SDGSモデル事業」に廃材を提供しました!

こちらの写真は松戸クリエイティブ リユースプロジェクト
「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」で聖徳大学の学生さんと常盤平第一小学校の子供達がつくったSDGsタワーです。
弊社は「ちばSDGsパートナー」企業で、日頃からSDGsの支援の取り組みを行っております!
タワーの主な材料は、使われなくなった小学校の備品なんです。

実は、今回松戸市から廃材の提供を打診され、弊社の廃材を提供しています!さてどこでしょう?

…正解は「完全リサイクルプラスチック」の擬木です!どこにあるか分かりませんよね💭
※オレンジの蛍光スプレーが塗られています🟠  気になるかたは是非チェックしてみてください!
また、聖徳大学・聖徳大学短期大学部のYou Tubeチャンネルでは、今回の作品のメイキング動画を公開しております。
少しずつアートができあがっていく過程をぜひご覧ください♪(最後のクレジットに弊社の名前も出していただいています)

「松戸クリエイティブリユースプロジェクト 聖徳大学児童学科大成ゼミ」

2023.04.05

【SDGS支援】社会福祉法人松里福祉会ワーク・ライフまつさと様に封入作業を委託いたしました。

弊社ではSDGs支援の取り組みとして、地元の福祉施設の方々の働きがいを高めるための活動をしております。その一環として、自治体のチラシ3万枚の封入作業を社会福祉法人松里福祉会ワーク・ライフまつさと様に委託いたしました。
かなりの枚数でしたが丁寧に作業をしていただき、とても感謝しております。その際、最近は同施設への依頼も増えているとのお話をうかがいました。
社会全体でSDGs支援の取り組みへの意識が高まっていることの表れだと感じます。
弊社としても今後も変わらず取り組みを続けていきたいと考えています。

アキハマ・ブレーンズ・
コミュニティーでは、
3つの項目を中心に取り組んで
います。

POIN01

弊社の代表取締役社長は女性が務め、
性別を問わず平等に働ける会社を目指しています。

POIN02

地元の福祉施設の方々の働きがいを高めることに
貢献します。

POIN03

環境に配慮した完全リサイクルの擬木を各種看板に
使用することで、森林資源の保護に貢献します。

弊社では、看板を作成する際に100%循環型素材の導入を推進しています。
完全リサイクルの素材で、衝撃に強く腐食しづらいため、屋外サインに最適です。また、木材のような風合いがあるのでデザイン的にも洗練したものを製作することが可能です。
※2022年11月15日付で「ちばSDGsパートナー企業」に登録されました(登録番号:1453)

PRに関すること
お気軽にご相談ください

※お見積りはご依頼主様のご予算などを
考慮し発行させていただきます。
ぜひご相談ください。

電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00〜17:00(月〜金曜日)

フォームからのお問い合わせ

メールアドレス: